テニス肘のアキュスコープ治療 -東大阪市『やまぐち整骨院』-

stockfoto_5592586_XS

一般的にテニスによって生じやすい障害のためテニス肘と呼ばれています。

当院ではテニス以外にもお仕事で調理師の方が鍋を振る繰り返しの動作により痛めるケース。

他のスポーツではバドミントンや卓球などでよくみられます。今まで未経験で始めた方は最初慣れるまでは上手くできず身体全体を動かしプレーしますが、慣れてくると逆に手先だけでプレーしてしまいます。そのため始めて半年から1年ぐらいで肘に痛みを訴える方がいます。

テニス肘で共通して考えられる原因は手首の使い方、腕の筋肉の使い方によるものです。

特に手の甲を返すような動きの繰り返しで肘に付着している筋肉の牽引により炎症が起きます。

しかしお仕事、スポーツなど今まで続けてきた中で痛みがなぜ急にでてくることがあるのか。それは今までの身体の使い方ではなく何かをきっかけに肘や手首を無理やり使わなければならない状況になったと考えられます。

例えばテニスではスイングフォームを変えた際に伴って肩甲骨や体幹の動きも変えるべきですが、肩から手先のだけの動きを変えてしまうことが多いです。そこで今までにない負荷がかかり痛めてしまいます。

テニス肘はひどくなるとタオルを絞る動作、ペットボトルのふたを開けるだけでも痛みを伴うこともあります。

当院では問診にて細かくお話を聞き動作確認を行いながら治療をさせいただきます。

アキュスコープ・マイオパルスという特殊な微弱電流機器で患部を含め関係部位の治療を行っていきます。

 

動作確認を含め自宅でできるトレーニング指導もさせていただいています。

福山