学生の腰痛 -東大阪市『やまぐち整骨院』-

DSC_1624

冬季に入りシーズンオフになるもの、これからシーズンにはいるスポーツと練習内容などが変わりやすい時期に入りました。

そしてこの時期に学生のケガで多く見られるものの一つに「腰痛」があります。

みなさん腰痛という言葉は耳にすることがあるとは思いますが、腰痛とは結果的に出ている症状であり原因は様々です。

例えば学校の体育の授業でマラソン等陸上競技が始まり、部活などのスポーツ活動でも基礎練習でランニングが増える。そうすると臀部、股関節、背部等のの筋肉に疲労が溜まり腰に負担がかかりやすくなることがあります。

ある方ではバイトの時間が増え、立っている時間、座っている時間がふえることにより下半身の疲労が溜まり腰痛がでることもあります。

特に学生は骨や筋肉を含めカラダは毎日成長し、毎日違うカラダに変化していきます。

この変化により筋肉をうまくコントロールできず一部の負担だけが増え腰痛として現れる方が多く見られます。

そのため腰だけの治療を行っても練習や普段の動きでぶり返すものがほとんどです。

当院では

・初診時の問診で痛みが出た環境・状況をお聞きしその場で痛みのある動作を再現していただき細かく見させていただきます。(運動ルーム完備)

・その後どこが原因と考えられ今後どのような施術をしていくかの具体的な説明をさせていただき治療を行っていきます。

・治療では微弱電流機器のアキュスコープ、マイオパルスという特殊な機器により刺激がほとんどなく緩やかな電気で治療していきます。

 

どうしても痛みが出てしまうと思うように練習が出来ず練習時間を増やしても成績が伸びず選手本人にとって辛い状態となります。

治療終了後も日頃のケアや試合前後のコンディショニング調整も行っています。

練習時にもやはりカラダの状態がいい方が効率よく身に付き練習にもしっかり集中して取り組むことが出来ます。ケガの予防も含め定期的にケアさせていただくことをオススメしています。

試合前は選手と話し合いながらベストな状態で試合に臨んでいただけるようサポートさせていただきます。

治療はもちろんご相談だけでもお問い合わせ可能です。いつでもご連絡下さい。

副院長 福山