『やまぐち整骨院 院長Blog&コラム』一覧

シンスプリントのアキュスコープ治療 -東大阪市『やまぐち整骨院』-

IMG_9925シンスプリントはスポーツ障害の一つで正式には脛骨過労性骨膜炎と呼ばれ、主な

症状は脛(スネ)の内外側の下方1/3に痛みが出ることが特徴です。

脛の周りの筋肉が骨の正面を覆っている骨膜に刺激を与え炎症が起きている状態と言われております。

痛みを我慢し運動を続け悪化してしまうと歩行するだけでも痛みがでることもあります。

最悪の場合は脛骨の疲労骨折に繋がる可能性もあります。

スポーツ選手ではサッカー・陸上競技・ラグビー・アメリカンフットボール・マラソン・バレーボール・バスケットボール・野球・バドミントンなどに多くみられます。

スポーツ障害は特にこの時期、新しい練習環境や競技自体を変えて今までと違うトレーニングが始まり、そして少し時間がたったころにオーバーユースにより発症する傾向があります。

春から夏にかけてシーズン入りするスポーツでは新入生は練習が始まり間もないため必要なフォームやトレーニングができておらず無理な練習が重なるとシンスプリントのリスクが上がります。

練習量の増加やコンクリートなどの固い地面での練習場所の変化などちょっとしたことで身体の使い方は変わってしまいます。

シンスプリントの原因となる筋肉は痛みのある場所により異なります。

脛の外側には足先を甲の方に持ち上げる(背屈)する前脛骨筋・趾伸筋群。

脛の内側には足先を足裏の方に下げる(底屈)する後脛骨筋・趾屈筋群・腓骨筋など細かい筋肉が連動して運動を行っています。

これらの筋肉が周りの環境や身体の変化により協調性が失われ一部の筋肉の負担が大きくなれば炎症が起き痛みを誘発しやすくなります。

当院ではアキュスコープ・マイオパルスという特殊な微弱電流機器を用いて患部の治療を行っていきます。

エコーも完備しておりますので目に見えない部分の説明も細かくさせていただきます。

治療で痛みを取るだけでは時に症状をぶり返すこともあります。

治療後はバランスボードなどを使い身体の協調性、筋肉の使い方などの運動も行い再発防止のリハビリも行います。

症状により治療法も様々な方法がありますので、ご相談だけでもお問い合わせお待ちしております。

福山

 


足関節捻挫のアキュスコープ治療 -東大阪市『やまぐち整骨院』-

d5163511-5f2c-402d-9282-2d5b3ec36ea4

(左足)

捻挫とは関節に捻る外力がかかり正常の可動域をこえてしまい、周りの靭帯や筋肉などの軟部組織を損傷することを言います。

足関節はつま先立ちや足先を上げるなど可動域が広い関節となります。多彩な動きが可能な分それに伴いケガのリスクが多くなります。足関節には強力で多くの靭帯や筋肉が存在し安定性を維持しています。

もともと可動域の広い関節のため許容範囲以上の動きをしてしまえば当然より多くの組織を損傷することになります。

たとえ軽度の捻挫であっても痛みや違和感、腫れ感など残ることが多いケガです。

そのため症状が軽くても初期治療が大切になってきます。

 スポーツでは陸上競技・サッカー・テニス・アメリカンフットボール・ラグビー・バスケ・バレーボール・クラシックバレー・野球・ダンス・バドミントン・格闘技などに多く

一般の方でも日常生活でも起こりうる外傷です。

足関節捻挫では足首を内側にひねることで外側の組織を損傷する内反捻挫と外側にひねることで内側の組織を外反捻挫があります。

足関節の構造上、外側の腓骨の方が内側の脛骨より末梢にあるため多くを占めるのは内反捻挫です。

 足関節の外側には主に前距腓靭帯・後距腓靭帯・踵腓靭帯により固定されています。

軽度の場合はこれらの靭帯が損傷程度、重度の場合では断裂することもあります。

そして靭帯だけでなく時には周りの筋肉や腓骨の骨膜に損傷があることもあります。

当院ではエコーを完備しているためどの組織がどの程度損傷しているかを確認することが可能です。

 治療ではアキュスコープ・マイオパルスという特殊な微弱電流機器を用いて患部の治療を行っていきます。

これらの機器は損傷部を的確に読み取ることでスポーツ現場・仕事・生活への早期復帰を可能とします。

 治療とともにバランスボードなどを使ったリハビリや必要であればテーピングも行っております。

 ご相談だけでも受け付けておりますのでお問い合わせお待ちしております。

福山

 


腰痛のアキュスコープ治療 -東大阪市『やまぐち整骨院』-

IMG_0105当院では一般の方・学生やスポーツ選手など様々な状況で腰痛にお悩みの方が来院されます。

 スポーツではテニス・野球・サッカー・バドミントン・陸上・ラグビー・ダンサー・ゴルフ・バレーボール・卓球・バスケットボールなどに多く発症します。

激しい練習の中で身体の疲労などの影響で筋肉のバランスが崩れ腰の負担が蓄積されることにより腰痛に繋がることや、コンタクトの多いスポーツでは接触時の衝撃が腰に伝わり痛みが走ることもあります。

 学生や現役の選手は痛みが集中力の妨げとなり練習効率の低下、試合でのパフォーマンスの低下を引き起こします

 一般の方でよくみられるのはかがんで物を拾う時、荷物を持ち上げる時、椅子から立ち上がろうとした時など腰に緊張、動作が加わった瞬間になることが多いです。

腰の痛みを我慢し仕事や日常生活を続ければ腰を無理に使う癖が身についてしまい慢性化することもあります。

 腰痛はたとえ同じ仕事・日常生活、スポーツをしていたとしても受傷時の動きや環境・状況によって一人一人原因が違います。

 普段は耐えることができる外力でも身体の不調によりバランスを崩し腰痛になることがあります。例えば骨盤を安定させる筋肉は腰だけでなく腹筋、インナーマッスルも役割を担います。その腹筋が上手く力が入らない身体の状態でかがむなどの腰の動作を行うと腰だけの負担が大きくなります。

当然身体の強調し合った動きが崩れバラバラの動きになれば一部の筋肉の使い過ぎにより痛めるリスクが上がります。

 そのため腰だけの治療を行ってもスポーツでの動作や普段の動きで再発する恐れがあります。

 ぎっくり腰などの急性腰痛、長年悩み続けている慢性腰痛、ズキッと刺さるような痛み、重だるく鈍い痛みなど症状や痛みの感じ方も人それぞれ異なります。

 当院では身体の状態や症状に合わせオーダーメイドの治療を行います。治療では手技・マイオパルス・アキュスコープを用いて体内の損傷部を読み取り原因を探し出すことで早期治癒を可能とします。

 腰部の痛みを取り除くことはもちろんですが原因を見極め的確に治療を行うことにより再発を予防できる身体づくりを可能とします。

腰痛への治療内容

・来院時、問診・触診で腰痛を発症した動作・環境・状況を確認し原因と考えられる箇所の説明。

・治療で使用する機器や今後の治療計画などの説明。

 ・アキュスコープ・マイオパルスにより患部、関連部を治療。動作痛の確認

 ・アキュスコープ・マイオパルスにより身体・筋肉のバランス調整、股関節・骨盤の動きを調整。

・普段の動きの指導、セルフトレーニングの指導

治療終了後も一か月に一、二回程度来院していただき身体のケアとして筋肉の正常化・バランスを整えることでケガの予防・パフォーマンス向上などが可能です

福山